泌尿器科の看護師の向き・不向き

→人気の転職サイトランキングはコチラ

泌尿器科看護師の向き不向きを見ていくと、まず知っておきたいのは患者さんには男性が多いということです。7割、あるいは8割は男性が占めています。そのために、男性スタッフが多いという特徴もあります。まずはここが向き不向きに関係してくるポイントでしょう。患者さんに男性が多く、なおかつ泌尿器を扱う科ですから、患者さんへの配慮として男性スタッフを多く集める傾向が昔からあります。いずれにしても、職場で男性とコミュニケーションをする場面が多くなるので、自分の適性を考慮して、向いているか向いていないかをじっくり考えていきましょう。

男性の多さに関しては、最近では男性向けクリニック、女性向けクリニックも増えてきています。これまで看護師として働いてきて、女性の多い職場が自分に合っていると思うならば、女性向けクリニックを選択すると方がいいでしょう。一方で、女性中心の組織が苦手な人、女性特有の人間関係が理由で離職した人などは、むしろ一般的な泌尿器科が向いているかも知れません。男性看護師の場合は、より男性の気持ちに配慮した病院で勤めることが判断のポイントになります。

また、泌尿器科のサービス面も見ていくのも大切です。一般的な医療スタッフはサービス業という側面はそれほど強くないですが、泌尿器科の場合は別です。特に、性機能の専門クリニックなどは、サービス業という側面が強調されます。デリケートな部分を扱うということに加えて、自由診療を行うことも多く、保険がきかない分だけきめ細かなサービスを行って患者さん、お客さんに満足してもらう必要があるからです。このように見ていくと、接客に対して苦手意識のない人、サービス業の経験がある人は、泌尿器科に向いていると言っていいでしょう。専門クリニックでなくとも、扱う部分はデリケートであるので、ここは重要なポイントです。

一方、病院とクリニックの違いを見ていくと、病院は入院患者も多く、夜勤の可能性も高いです。クリニックは日勤メインで安定して働くことができます。この違いは大きいでしょう。泌尿器科の経験があるものの、病院勤務になかなか慣れない人はいます。そのような場合、せっかく適正があるのに泌尿器科を辞める必要はなく、働きやすいクリニックへ転職する方法があるというわけです。また収入の面では、経営状態にも寄りますが、クリニックは高収入の可能性があります。病院ならば夜勤があるために、平均年収は高くなっています。

泌尿器科への転職は看護師求人サイトで!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • 様々な就職サイトの情報があり泌尿器科の限定的な求人でもしっかりと情報収集。
  • 細かい条件から面接対策までしっかり対応、人気の泌尿器科クリニック対策も。
  • 非公開の好条件で人気の求人が多数。経験を生かした転職をしたい人にぴったり。
ナースフルの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 採用担当者、現場の看護師さんからの情報もあり、より踏み込んだ情報も!
  • 満足度は業界でもトップクラスの96%を超えています。泌尿器科で満足の就職!
  • ホームページでは役立つ情報収集。泌尿器科の特徴など基本的な事も学べます。
マイナビ看護師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社
オススメポイント
  • 日本でも最大級の求人情報量を誇ります。泌尿器科だけでもたっぷりの情報が!
  • 数あるサービスの中でも、2年連続で看護師満足度第1位を獲得!満足の就職が!
  • 全国規模で地方の求人情報もカバー!田舎で泌尿器科の限定的な求人も多数!
ナースではたらこの詳細はコチラ