泌尿器科で働く看護師の役割・仕事内容

→人気の転職サイトランキングはコチラ

泌尿器科看護師の役割・仕事内容を見ていくと、まず知っておきたいのは、泌尿器科に入院、あるいは通院する患者さんの多くは男性であるということです。これは「泌尿器」というものを見ていけばわかります。腎臓から尿道まで、いわゆる尿を生成する器官の総称であり、陰茎の一部である前立腺まで含みます。そして、これらの部分に疾患を抱える人の割合は、そもそも男性が圧倒的に多いというのがその理由です。また、広く性機能について検査や治療を行うことも多く、ここでも男性が患者さんとして圧倒的に多くなります。業務内容もこれらの器官や部位を主に扱うので、役割や仕事内容もそれに沿ったものとなります。また、看護師の構成にも影響を与えており、一般的な医療機関と比べると男性看護師が多くなっています。

男性看護師の多さは、職場の人間関係に影響を与えます。男性と一緒に仕事をするのが苦手という女性看護師は別として、一般的に看護の現場は女性が多めであり、泌尿器科のようにある程度男性の割合が高めの職場の方が、人間関係のバランスも良いと言われています。職務上の役割や仕事についても、男女のバランスが良い方が、例えばトラブルが起こった際の解決方法、会議などの場面で意見のバランスが良くなります。逆に女性ばかりの職場だと特有の人間関係があるところも多いです。

ただ、泌尿器科には女性の患者さんもいますし、女性の需要の高まりを考慮した女性専用のクリニックもあります。女性の多い職場で働くこともできます。女性の場合、膀胱炎、腎臓疾患といった症状で受診をすることになります。また、血液透析のほか、別の病気から引き起こされた副次的な症状で、肝臓にダメージを受ける患者さんも、泌尿器科の担当です。他の科の知識も知っておいた方がいいと言えるでしょう。

泌尿器科病棟の特徴を他にも見ていくと、手術、化学療法、検査などいろいろな目的で入院してくる患者さんが多いです。そのために、看護師が携わる業務は非常に多岐にわたります。知識やスキルとしては、腎臓の解剖生理、循環器系、呼吸器系、病態生理といったところも知っておくといいでしょう。このように見ていくと、範囲の狭い科のように見えて、その中身は奥が深く、他の科の知識も必要になります。専門性が高い科と言ってもいいでしょう。例えば特定の科で知識やスキルを身につけてプロフェッショナルを目指したいという人には、ぴったりの職場ではないでしょうか。

泌尿器科への転職なら看護師求人サイトが便利!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • 様々な就職サイトの情報があり泌尿器科の限定的な求人でもしっかりと情報収集。
  • 細かい条件から面接対策までしっかり対応、人気の泌尿器科クリニック対策も。
  • 非公開の好条件で人気の求人が多数。経験を生かした転職をしたい人にぴったり。
ナースフルの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 採用担当者、現場の看護師さんからの情報もあり、より踏み込んだ情報も!
  • 満足度は業界でもトップクラスの96%を超えています。泌尿器科で満足の就職!
  • ホームページでは役立つ情報収集。泌尿器科の特徴など基本的な事も学べます。
マイナビ看護師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社
オススメポイント
  • 日本でも最大級の求人情報量を誇ります。泌尿器科だけでもたっぷりの情報が!
  • 数あるサービスの中でも、2年連続で看護師満足度第1位を獲得!満足の就職が!
  • 全国規模で地方の求人情報もカバー!田舎で泌尿器科の限定的な求人も多数!
ナースではたらこの詳細はコチラ