泌尿器科志望の看護師の面接対策

→人気の転職サイトランキングはコチラ

泌尿器科看護師の面接対策を見ていくと、面接の内容は基本的に、履歴書によって決まります。履歴書には学歴、職歴、志望動機、自己PRと言った項目があり、そこを見て面接官が質問をしてきます。ですから、履歴書の対策と連続性のあるものとして考えておきましょう。その上で、例えば職歴だったら、前職との関連性、今後の方向性を話していくと上手くいきます。これまでの職場でどのようなことを学んだかを伝え、それが泌尿器科でどのように生きるかという話です。経験者限定の求人であれば、前の職場の規模、業務内容などを細かいところまで伝えることになります。

泌尿器科というのは、専門性の高い科です。そのために、経験は面接において大きなウエイトを占める部分になります。例えば未経験者であっても、これまでの科で積極的に知識やスキルを磨いてきたかは問われるでしょう。面接を受ける前に、前職で意識的に学んだことをざっと振り返ってみるだけでも、本番で非常に役立ちます。また、前職で関わったことのある病気と、泌尿器科との関連性を考えてみるのもいいでしょう。泌尿器科で扱う臓器は腎臓、膀胱などですが、他の臓器との関係性が実務で問われるところです。

他にも、泌尿器科特有のものとして、男性患者が多いことがあげられます。従って、男性患者への対応に慣れているかどうかは問われる可能性が高いでしょう。この場合、これまでの経験を伝えるのが一番です。男性患者の多い病院に勤めていた場合はそのままアピールになりますし、失敗談も面接では役立ちます。男性患者相手のトラブルなどの経験を話し、そこでどのように対処したかを上手に伝えることができれば、面接でのアピールとなります。また、いろいろなことを学んでいく姿勢も伝えましょう。泌尿器科は先程も言ったように、いろいろな科との関連性があります。他の科の知識も積極的に学んでいく姿勢が必要になります。これまでに勉強会や研修への自主的な参加経験などがあれば必ず伝えておきましょう。

最後に、忘れてはならないのはどうして泌尿器科か、ということです。いわゆる志望動機ですが、ここがはっきりしていないとマイナスになってしまいます。これは難しく考えなくとも、自分の正直な気持ちを伝えればいいです。例えば給与などの待遇も立派な理由になります。もしそれが難しいようならば、どうしてその病院を選んだかをからめて説明していけば、いい受け答えができるでしょう。

面接対策にお困りなら看護師転職サイトに相談を!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • 様々な就職サイトの情報があり泌尿器科の限定的な求人でもしっかりと情報収集。
  • 細かい条件から面接対策までしっかり対応、人気の泌尿器科クリニック対策も。
  • 非公開の好条件で人気の求人が多数。経験を生かした転職をしたい人にぴったり。
ナースフルの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 採用担当者、現場の看護師さんからの情報もあり、より踏み込んだ情報も!
  • 満足度は業界でもトップクラスの96%を超えています。泌尿器科で満足の就職!
  • ホームページでは役立つ情報収集。泌尿器科の特徴など基本的な事も学べます。
マイナビ看護師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社
オススメポイント
  • 日本でも最大級の求人情報量を誇ります。泌尿器科だけでもたっぷりの情報が!
  • 数あるサービスの中でも、2年連続で看護師満足度第1位を獲得!満足の就職が!
  • 全国規模で地方の求人情報もカバー!田舎で泌尿器科の限定的な求人も多数!
ナースではたらこの詳細はコチラ