泌尿器科で働きたい看護師の志望動機

→人気の転職サイトランキングはコチラ

泌尿器科看護師の志望動機は、履歴書や面接で必ず必要になります。どのような職業でも、まずはその職種の理解、職場の情報収集をしっかり行い、一方で自分の適性や希望と照らしあわせていくことが、志望動機作成の第一歩になります。まず泌尿器科の情報を見ていくと、他の科と比較した場合、泌尿器科は専門性が高い方に位置します。扱う体の部位が特殊ということもありますし、扱う臓器は体の機能の中でも重要な位置を占めるものです。その意味で、深い理解とスキルをもって業務にあたる必要があるのです。

また、腎臓を例にあげると、他の病気の副次的な症状で、腎臓を痛めるといったことが良くあります。このような患者さんを診察、治療する場合は、そもそもの原因になった病気の理解が必要になります。泌尿器科で専門に扱う体の部位や病気だけの理解では対応できないということです。このあたりの理解を進めていくと、志望動機の一例として、一つの分野で専門性を深めていきたい、といったことが出てきます。看護師の中でもある分野でプロフェッショナルとなることは、やりがいの面でも大きいものがあります。これを志望動機にしてもいいでしょう。また、他の科の知識も適時必要になる科なので、幅広い知識を総合的に学べるというのも、志望動機になるでしょう。

一方で、泌尿器科の中でも特定の分野に特化した職場があります。いい例が性機能に特化したクリニックです。このような職場を選択する場合、志望動機としておすすめなのは、社会的な需要が高いということです。これは職にあぶれないということもありますし、収入の面でも今後も期待できます。これらは立派な志望動機になります。具体的な例を上げれば、泌尿器科が扱う新たな病気としてEDがあります。ED治療はポピュラーになりつつあり、自由診療も多いので、利益率は高く、看護師の給与にも反映されます。また、高齢化社会も考慮すれば、高齢者は排尿のトラブルを抱えやすいので、高齢者の多い日本では泌尿器科からの看護師需要は継続的にあると見込めます。

また、動労環境ということで、職場の人間関係が良いという志望動機もあるでしょう。泌尿器科は患者さんの割合が圧倒的に男性が多くなっており、看護師の男女比のバランスが良いです。女性の組織特有の人間関係を避ける意味で、これも志望動機になるというわけです。やや消極的な動機になってしまうので、他の動機にプラスする形で加えていくと、面接などでしっかり相手に伝わるでしょう。

志望動機にお困りなら転職サイトに相談を!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • 様々な就職サイトの情報があり泌尿器科の限定的な求人でもしっかりと情報収集。
  • 細かい条件から面接対策までしっかり対応、人気の泌尿器科クリニック対策も。
  • 非公開の好条件で人気の求人が多数。経験を生かした転職をしたい人にぴったり。
ナースフルの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 採用担当者、現場の看護師さんからの情報もあり、より踏み込んだ情報も!
  • 満足度は業界でもトップクラスの96%を超えています。泌尿器科で満足の就職!
  • ホームページでは役立つ情報収集。泌尿器科の特徴など基本的な事も学べます。
マイナビ看護師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社
オススメポイント
  • 日本でも最大級の求人情報量を誇ります。泌尿器科だけでもたっぷりの情報が!
  • 数あるサービスの中でも、2年連続で看護師満足度第1位を獲得!満足の就職が!
  • 全国規模で地方の求人情報もカバー!田舎で泌尿器科の限定的な求人も多数!
ナースではたらこの詳細はコチラ