泌尿器科志望の看護師の履歴書の書き方

→人気の転職サイトランキングはコチラ

泌尿器科看護師の履歴書の書き方には、「履歴書は面接を見据えて作成する」という基本があります。面接ではいろいろな質問をすることになりますが、その質問の内容にはあらかじめ決まっているものもありますが、履歴書の中で気になった部分を一歩踏み込んで質問するものもあります。例えば職歴、自己PR、などの項目がそれにあたります。ここでのポイントは、履歴書はシンプルに情報を見やすいようにしておき、気になる部分は面接で質問してもらうようにすることです。例えば泌尿器科に経験者として応募する場合、職歴の部分では前職の医療機関の規模や処方箋枚数などの基本情報を書いておきます。その上で、自己PRの部分で具体的にどのような業務を行ってきたか、どのようなスキルを身につけたかをシンプルに書いておきます。そして、面接でどのような質問をされるかあらかじめ想定しておくのです。

泌尿器科は専門性が高い科なので、経験者であれば前職の業務内容を細かく聞かれるでしょうし、未経験ならば泌尿器科を選んだ理由、あるいは将来的なキャリアプランなどを聞かれるでしょう。看護師経験はあって、泌尿器科が初めてという場合は、他の科の知識やスキルを泌尿器科で生かせるかどうかが問われます。例えば泌尿器科で扱う腎臓は、他の病気を原因とした副次的な症状を起こす場合があります。他の科の知識も必要になります。もしほとんど関係のない科での経験であっても、そこで業務にどのように取り組んで来たかは重要です。泌尿器科は専門性が高く必要な知識やスキルも幅広いので、意欲的に働く姿勢が問われるからです。

未経験者が悩むのは、やはり面接で「どうして泌尿器科を選んだか」という質問です。例えば総合病院ならば入社してから科を選択することも多く、それほど科の選択について問われることはないですが、専門のクリニックの場合は違います。ここでの一つの解決策として、泌尿器科ではなくその医療機関に注目し、どうしてそのクリニックを選んだかという答え方をする方法があります。クリニック毎の特徴があるでしょうし、待遇面、労働環境などその医療機関を選んだ理由はたくさんあるはずです。それを上手く絡めていけば、泌尿器科を選んだ理由もまとまってくるはずです。

経歴、志望動機、自己PRなど基本の項目を書いたらあとは必要に応じて自分の意欲を伝えるだけです。ここでも、無駄なことは書かず、あくまでシンプルに、面接官が見やすいように履歴書をまとめておくのがポイントです。面接のコツは履歴書作成から始めることを頭に入れておきましょう。

履歴書作成にお困りなら転職サイトに相談を!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • 様々な就職サイトの情報があり泌尿器科の限定的な求人でもしっかりと情報収集。
  • 細かい条件から面接対策までしっかり対応、人気の泌尿器科クリニック対策も。
  • 非公開の好条件で人気の求人が多数。経験を生かした転職をしたい人にぴったり。
ナースフルの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 採用担当者、現場の看護師さんからの情報もあり、より踏み込んだ情報も!
  • 満足度は業界でもトップクラスの96%を超えています。泌尿器科で満足の就職!
  • ホームページでは役立つ情報収集。泌尿器科の特徴など基本的な事も学べます。
マイナビ看護師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社
オススメポイント
  • 日本でも最大級の求人情報量を誇ります。泌尿器科だけでもたっぷりの情報が!
  • 数あるサービスの中でも、2年連続で看護師満足度第1位を獲得!満足の就職が!
  • 全国規模で地方の求人情報もカバー!田舎で泌尿器科の限定的な求人も多数!
ナースではたらこの詳細はコチラ